フリーランスという強い生き方

企業に所属する正社員と比べると、フリーランスという働き方は不安定なものです。
会社による庇護もないために、トラブルが起こっても自分ですべて解決していかなくてはならないからです。各種社会保険にも加入できないか、もしくは自分で保険料をすべて納めなくてはならないので、経済的にもデメリットが大きいようです。
しかし、その分、成功した時には巨額の利益を得ることもできるのです。
フリーランスはまさに、ハイリスクハイリターンな働き方であると言えるでしょう。

ただし、フリーランスと言っても、実績を積み重ねれば重ねるほどに安定度は高くなっていくものです。
実績があれば業界内でも一目置かれる存在になることができ、そうすれば仕事は待っていても向こうからやってくるようになるのです。
正社員として働いていても、いつ会社がなくなってしまうか分からない時代でもあります。
そういった時代には、むしろフリーで自分の力だけで生きていけるようになっておくほうが安心ができる場合もあるのです。
何かあったときにすべて自分の力で解決していけるというのは、とても強い生き方だと言えるでしょう。

日本には生活保護などのセーフティネットもあるので、実はそれほど心配をする必要もありません。
最終的には、国や自治体が最低限の生活は保証してくれるために、思い切って好きな仕事にチャレンジができる社会になっているのです。
会社にいるからといって安心できない時代だからこそ、多くの人がフリーで働きたいと思うようになってきているのでしょう。

今すぐでなくても、ゆくゆく独立を考えられている方や、「仕事に明るい未来を!」に共感される方はぜひ、人生の一歩を踏み出してみませんか?

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です